2009年07月07日

「あなたになら言える秘密のこと」

あなたになら言える秘密のこと [DVD]辺見庸氏が現代は全てがコーティングされた世界だと語っていたがその通りかもしれない。恐ろしいこと、ひどいことが身近に起きていても人はすぐにそれに慣れてしまう。それを直接に感じられなくなっているのだ。当事者を除いて。考えみるとひどい事件がいくつもあったのにその一つ一つを思い出せなくなっている。しかしそれに巻き込まれた人たちの時間は止まったままだ。

サラ・ポーリーはハリウッドから距離を置いている理由について、インディペンデント系の映画や出身国カナダへの思い入れを語っていたが、ハリウッドが取り上げないような、しかし忘れがたい秀作にあの静謐さをたたえた深いブルーの瞳で登場する。
 
映画をみているとカラーなのに色のない映画だと気付く。色がないといってもモノトーンなわけではないのだが彼女の身につける服の色、景色、職場の工場、強制的に取らされた休暇中の旅先から不意に飛び込んだ北海油田の掘削所。全てがくすんだ、華やかな色合いが抜け落ちた世界。ヒロインの生活もただ工場と自宅の往復のみ。交わされる会話もない。食べるのはいつもチキンと米だけ。

透明な何かで周囲から切り離されたような彼女ハンナは、油田の事故でひどい火傷を負い、後遺症で目が一時的に見えなくなった男に出会う。目が見えずに彼女の看護に身を任せる男は苦痛を紛らわせるためか彼女に話しかける。答えない彼女。

周囲の口の重い仲間達たちから少しずつ事故の詳細を聞いた彼女もわずかずつ男に打ち解け始める。

ティム・ロビンスというとまずあの大きな体とそれに似合わず威圧感のないキューピーのような顔が目に浮かぶ。その大きな体を今回は動かせない。目の演技も封じられた難役を体のわずかな動きと声、表情のみでこなす。体と心の両方の痛み、男は彼女にひとつずつ秘密を打ち明ける。たわいもない話題から思わぬ少年時代の心の傷と事故の原因。

対する彼女も少しずつ変わり始める。二人がつい噴き出すシーンではこちらもなんだかほっとしてしまう。そして彼を病院に移す前日、ついに彼女も自らの秘密を語りだす。


ショックだったのはなんと簡単に人間は忘れてしまうのかということだ。癒えない傷を抱えてそれでも生きていかねばならない人がいるのに、そんなことあったっけと簡単に忘れてしまう。傷を受けた当人は傷の深さゆえ語らない―語れない。ティムの大きな体がここで活きてくる。すべてを語っても彼ならばひょっとして受け止めてくれるかもしれないーと。

ラストシーンで草原を歩いてくる子供たちの身に着けた鮮やかな赤が目に入る。かすかな希望の証として。


あなたになら言える秘密のこと [DVD]
松竹ホームビデオ (2008-11-27)
売り上げランキング: 34221
おすすめ度の平均: 5.0
5 外見からはわからない
内面の苦しみを表現しきった良作




黒カナリア@こんな映画あんな映画

rankingbanner_03.gif
↑クリックお願いします

FBN17.png
posted by cyberbloom at 06:45| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | こんな映画あんな映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。フランス・映画をキーワードに検索している内に、こちらへ辿り着いてしまいました。で、映画に関するものの中で最新の、このページに書き込ませて頂いています。

実は当方、海外在住なため、日本での映画を巡る状況が分かりません。日本でTV5mondeの番組に字幕が付けられ始めて数ヶ月が経ちますが、日本での評判はいかがなものでしょうか。分かる範囲で結構ですので、ご意見をお聞かせ頂けると助かります。あるいは、こんなブログがありますよ的コメントでも歓迎です。突然で図々しいお願いですが・・・。宜しくお願い致します。
Posted by neufcinq at 2010年01月18日 22:39
neufcinqさん、コメントありがとうございます。日本での映画を巡る状況とは具体的にどういうことなのでしょうか。フランス映画の日本での評判ということでしょうか。それともTV5の評判ということなのでしょうか。当方、TV5は視聴していないので、ちょっとわからないです。もう少し焦点というか問題点を絞っていただけるとありがたいです。
Posted by cyberbloom at 2010年01月21日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック