2010年08月28日

8月の音楽 “Mambo Diablo” Tito Puente

マンボ・ディアブロ8月も終わろうというのにこの酷暑。9月へのインタールードになりそうなメローにやるせない曲をと考えていたのですが、ひんやり冷たい音を選んでみました。

ニューヨーク・ラテンミュージックの陽気な王様、ティト・プエンテがジャズのレーベルから出したアルバムのタイトル曲。豪快・痛快・切れ味バツグンなティンバレスのプレイで有名なティトですが、ヴィブラフォンの使い手でもあります。
 
もわわんと親しみやすい音だけれど、部屋の温度を数度下げてくれそうな冷たい感触も併せ持つヴィブラフォン。モダンジャズとも相性のいい楽器ですが、ティトのようなラテンビートがこんこんと湧き出るプレイヤーの手にかかると、クールなのにホット、という一粒で二度おいしい音楽が出来上がります。
 
粘りづよく繰り返されるラテンリズムに、タイトルがほのめかす(悪魔のマンボ!)危険な感じのメロディラインで斬り込んでいくティトのヴィブラフォーン。主旋律の楽器というより、メロディも取れるパーカッションという扱いで演奏しているのがよくわかります。氷に閉じ込められた、ゆらめく青い炎を連想させる一曲です。

http://www.youtube.com/watch?v=esa-jpG8Muo



GOYAAKOD@ファッション通信NY-PARIS

人気ブログランキングへ
↑クリックお願いします

FBN25.png
posted by cyberbloom at 23:45| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ファッション通信 NY-PARIS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。