2010年09月15日

「27歳クラブ」- 27歳で亡くなったロックアーティストたちの40周年記念

ラッパーのキッド・クディが麻薬所持で捕まったときに「俺は黒人が27歳で死ぬと知っている。俺は今26歳だが、その歳まで生き延びることを約束する」と言った。27歳にこだわっているのは彼だけではない。エイミー・ワインハウスやブリトニー・スピアーズもかつて27歳に死ぬのではと恐れていると語っていた。ブリトニーは無事クリアしたが、エイミーは来年、キッドは再来年27歳を迎える。

27歳で亡くなったロック・アーティストと言えば、ジム・モリソン、ジミ・ヘンドリックス、ジャニス・ジョプリン、ブライアン・ジョーンズ、カート・コバーンと錚錚たる顔ぶれが並ぶ。その始まりはキャンド・ヒートの ボーカル、アラン・ウィルソンが27歳のときオーバードーズで亡くなったのが、40年前の1970年9月3日。今月が「27歳の死」というロック神話の40周年記念にあたる。

ドアーズジョプリン

ジミ・ヘンドリックス:酒+睡眠薬を飲み、吐いたもので窒息
ジャニス・ジョプリン:ヘロインの過剰摂取
ブライアン・ジョーンズ(ローリング・ストーンズ):プールで溺死
ジム・モリソン:浴槽で溺死
カート・コバーン:ショットガンで自殺

この「27歳クラブ」の合言葉はザ・フーの ”Hope I die before I get old” だ。日本には「27歳の死」に当てはまるアーティストが見つからない。ニアピンで尾崎豊が26歳。X Japan の Hide は33歳。ジム・モリソンのように浴槽で亡くなった江戸アケミは36歳。





cyberbloom

人気ブログランキングへ
↑クリックお願いします

FBN25.png


posted by cyberbloom at 10:01| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サイバーリテラシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。