2006年12月07日

Wikipédia 仏語版による 2007 大統領選候補シリーズ(その3)

ふらんせ   というわけで、Wikipédia 仏語版による 2007 大統領選候補シリーズ、お次はこの人、「来年から、(Palais de l'Élysée) [パレ・ド・レリゼ](エリゼ宮) は Palais Royal [パレ・ロワイヤル] とお呼び」、フランス社会党統一候補、セゴレーヌ・ロワイヤル Ségolène Royal
じゃぽね  おっと、前フリも何もなしできよったで
ふらんせ  ちなみに、この項目も「半保護」中や


 Ségolène Royal、1953 年 9 月 22 日、元砲兵大佐で、のちにシャマーニュ Chamagne 市(ヴォージュ Vosges 県)の通商代表および助役となるジャック・ロワイヤル Jacques Royal と、エレーヌ・ドゥエ Hélène Dehaye の娘として、セネガルのダカール(ウアカム Ouakam 郡のコミューヌ [もっとも小さい行政単位])に生まれる。二人は、9 年のあいだに、マリィ=オデット Marie-Odette、マリィ=ニコール Marie-Nicole、ジェラール Gérard(後に、DGSE [デー・ジェー・エス・ウー Direction générale de la Sécurité extérieure 対外安全保障 (治安) 総局。仏情報機関] に所属、グリーンピースの虹の戦士号 Rainbow Warrior 爆破事件に関与する)、マリィ=セゴレーヌ Marie-Ségolène、アントワーヌ Antoine(後に、RPR 民衆運動連合党員として活動)、ポール Paul、アンリ Henry、シジズベール Sigisbert の 5 男 3 女をもうけた。
 19 歳のとき、彼女は父親を裁判所に召喚、勝訴する。というのも、父親は、妻にたいして、離婚と、子どもたちの学費のための扶養手当支払いを拒否していたからである。
 彼女は、国立行政学院 École nationale d'administration (ENA) のパーティーで出会ったフランソワ・オランド François Hollande と、1970 年代終わり頃から事実婚関係 union libre にある。フランソワ・オランドは、当時、会計検査院 Cour des comptes の若手役人であった。彼は、1997 年から、社会党第一書記(党首)を務めている。二人のあいだには、トマ Thomas (1984 年生まれ)、クレマンス Clémence (1985 年)、ジュリアン Julien (1987 年)、フロラ Flora (1993 年) の 3 男 1 女がいる。
 初等教育と中学を、シャルム Charmes 市(ヴォージュ県)で終えたのち、1968 年、私立ノートル・ダム・デピナル Notre-Dame d'Épinal 高校(エピナル Épinal はヴォージュ県のコミューヌ)に入学する。バカロレア取得後、ナンシー第 2 大学で経済学士号を取得、次いで、1978 年、シヤンス・ポ(=Sciences Po. パリ行政学院 Institut d'études politiques de Paris の通称)で学位を取得する。さらに、国立行政学院に入学、1980 年に卒業(ヴォルテール期生の 95 番。同期生には、フランソワ・オランド、ドミニク・ド・ヴィルパン Dominique de Villepin 現首相、ルノー=ドヌデュー・ド・ヴァーブル Renaud Donnedieu de Vabres 現文化相らがいる)、パリの行政裁判所への配属を選択する。1994 年、パリ弁護士会の弁護士選抜試験をパス、同時に、国民議会 Assemblée nationale(日本の衆議院に相当)と、ドゥー・セーヴル Deux-Sèvres(フランス西部ポワトゥー・シャラント Poitou-Charentes 地方の県)県議会に議席を得、テトジャン Francis Teitgen(1952 年生まれ。元パリ弁護士会会長)の法律事務所に所属する。
 1978 年、社会党に入党、パリ第 6 区支部に所属する。行政裁判所判事を休職中に、ジャック・アタリ Jacques Attali(1943 年生まれの経済学者、作家。ミッテラン大統領の顧問として有名。欧州復興開発銀行総裁などを歴任)の眼にとまり、1982 年から 1988 年まで、大統領官邸の健康・環境・青年問題担当事務局長として、チェルノブイリ原発事故とピエール・ペルラン Pierre Pellerin(1923 年生まれ。元パリ第 5 大学医学部教授。電離放射線防護局 Service central de protection contre les rayonnements ionisants を設立、局長を務めた)によるヨーロッパにおける特別措置や、虹の戦士号爆破テロや、ポリネシアにおける核実験の影響問題にたずさわった。


ふらんせ  忙しさかい、この辺で。続きは、また来年!
じゃぽね  えー、次回はサボりですか?!
ふらんせ  ほれではみなさん、良いお年を
じゃぽね  クリスマスもすんでへんのに……

【黒猫亭主人】


rankingbanner_03.gif
↑クリックお願いします!
posted by kuronekoteishujin at 10:16| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | 枕流遑々録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック